ソフト「指導要録作成」

概要・使用法

※データはすべてダミーです
※画像の上にマウスポインタをおくとスライドがストップします
指導要録作成
【メニュー画面】
基本データ読込 入力 印刷 バックアップ・保存終了
まず、基本データを読み込みます。次に入力画面で基本データと総合所見を入力します。印刷画面では個別印刷と連続印刷が行えます。作業終了はパックアップ・保存終了ボタンを押してください。
指導要録作成
指導要録基本データ読込
【基本データ読込】
基本台帳 基本設定 通知表 1年次データ 2年次データを読み込みます。
読み込む内容にチェックを入れることができますが、すべてにチェックを入れておくことを推奨します。この読込操作を行うことで多くの入力が軽減されます。
指導要録基本データ読込
「指導要録作成」基本データ入力
【基本データ入力画面】
メニュー画面の「入力」を押して「基本データ」を選択します。
入力は、クラス、入学年度、入学日、担任氏名、校長氏名です。
「指導要録作成」基本データ入力
指導要録所見記入
【総合所見入力画面】
メニュー画面の「入力」を押して「総合所見」を選択します。
生徒個々に、行動に関する所見、学習に関する所見、進路に関する事項、生徒の趣味、特技、表彰など、特別活動所見を入力します。
指導要録所見記入
「指導要録作成」印刷
【印刷画面】
生徒をリストから選択しての個別印刷、または連続して行う一括印刷ができます。
まず、「プリンター選択」ボタンを押してお使いのプリンターを選択します。次に、「両面印刷」ボタンを押して両面印刷の設定を行います。印刷は「様式1」、「様式2」のボタンを押すことで開始します。個別印刷の場合はプレビュー画面が表示されます。プレビュー画面で余白の調整を行うと、印刷位置を調整することができます。
支援学級に在籍していた場合は、〇年次支援学級にチェックを入れ、学級等を入力しておいてください。
「指導要録作成」印刷
指導要録両面印刷設定
【両面印刷設定】
「両面印刷設定」ボタンを押します。プリンター選択画面が表示されますので、使用するプリンターを確認後 、「設定(S)...」ボタンを押します。
指導要録両面印刷設定
指導要録両面印刷設定2
【両面印刷設定続き】
お使いのプリンターの印刷設定画面が表示されますので、両面印刷にチェックを入れて「OK」ボタンを押して閉じます。続いて、プリンター選択画面のウインドウも「OK」ボタンを押して閉じます。次に、両面印刷設定の「閉じる」ボタンを押します。これで、様式2の表面に対して両面印刷の設定が完了しました。再度、両面印刷設定のウィンドウが表示されますが、同じ操作を行います。これで、様式2の裏面にも両面印刷が設定されます。
指導要録両面印刷設定2
指導要録印刷プレビュー画面
【印刷プレビュー画面】
個別印刷を選択して、「様式1」または「様式2」のボタンを押すと、印刷プレビュー画面が表示されます。上部左端の印刷ボタンを押すと印刷が開始され、上部右端の「印刷プレビューを閉じる」ボタンを押すと印刷が中止されます。上部の「余白の表示」にチェックを入れると余白が表示されますので、余白を移動することで印刷位置を調整することができます。
指導要録印刷プレビュー画面
指導要録保存
【要録保存】
1年生、2年生の場合は「バックアップ・保存終了」ボタンを押すと、指導要録保存のソフトが自動で起動します。
まず、入学年度を間違えずに入力してください。
その後、「クラス数入力・スタート」ボタンを押して、すべてのクラスの要録を保存しておいてください。
最後に、「バックアップ・保存終了」ボタンを押してください。
この操作を行わないと、次年度にデータを引き継ぐことができません。必ず行ってください。
span
指導要録保存

入力の必要がほとんどありません!!

校務支援システムであれば、生徒基本台帳、通知表等からデータをインポートしますので、ほとんど入力の必要がありません。入力は総合所見が主です。

操作の様子

通知表作成ソフト「作太郎」動画

指導要録の完成後に、必ず「1年生指導要録保存」または「2年生指導要録保存」を行ってください。間違わないように入学年度の設定をしてください。
指導要録保存


よろしければ、サンプル版をお試しください。
貴校にあわせてカスタマイズをいたします。ご希望の場合はこちらです
マニュアルはこちらです>>

TOP