勤務時間・出勤簿システム

概要・使用法

※データはすべてダミーです
※画像の上にマウスポインタをおくとスライドがストップします
勤務時間管理システム
このシステムには「A:勤務時間記録ソフト」と「B:勤務時間管理ソフト」2つのソフトが入っています。
なお、一人に1台のパソコンが用意されていない場合は1台のパソコンで管理するID管理版もございます。
出勤簿を自動作成、押印し、出張等の計算もします。
勤務時間管理システム
働き方改革-勤務時間管理システム登録-
【 A:勤務時間記録ソフト 最初の画面(これをオープニング画面と呼びます) 】
初めてお使いになる方・・・ファイルを開いた時点で参加者名(ご自分のお名前)の入力画面が表示されます。
※入力するお名前は他のメンバーと重複しないようにしてください。
なお、このフォームを閉じても、後からオープニング画面の「参加」ボタンで入力することも可能です。
働き方改革-勤務時間管理システム登録-
働き方改革-勤務時間管理システム記録-
【 A:勤務時間記録ソフト 勤務開始画面 】
1:オープニング画面の「時間記録」ボタンをクリック
2:開始記録フォームが表示されるので「記録する」ボタンをクリック
3:ブックが閉じ、勤務開始時間が記録されます。
※勤務開始時間を入力し忘れた場合、開始記録フォーム下部の「本日の勤務開始時間入力」ボタンをクリックすることで入力できます。
なお、働きすぎの場合は、開始記録フォームに「働きすぎ注意!!」と表示されます。
働き方改革-勤務時間管理システム記録-
働き方改革-勤務時間管理システム記録2-
【 A:勤務時間記録ソフト 勤務終了画面 】
1:オープニング画面の「時間記録」ボタンをクリック
2:終了記録フォームが表示されるので「記録する」ボタンをクリック
3:同時にブックが閉じ、勤務終了時間が記録されます。
※勤務終了時間を入力し忘れた場合、開始記録フォーム下部の「前日の勤務終了時間入力」ボタンをクリックすることで入力できます。
なお、働きすぎの場合は、終了記録フォームに「働きすぎ注意!!」と表示されます。
働き方改革-勤務時間管理システム記録2-
勤務時間管理システムメンバー管理
【 A:勤務時間記録ソフト メンバー管理画面 】※管理者のみの操作です。パスワードが必要です。
1:オープニング画面の「メンバー管理」ボタンをクリック
2:メンバー管理画面が表示され、全メンバーについて操作を行うことができます。
<<ボタンの説明>>
■メンバー表示・・・すべてのメンバー個々のデータが表示され、毎日の勤務開始、終了時間、平均勤務時間等を知ることができます。
■メンバー非表示・・・すべてのメンバーを非表示にします。
■メンバー削除・・・特定のメンバーを削除できます。
■データクリア・・・すべてのメンバーの勤務開始、終了時間等のデータを消去します。※この機能は新年度に有効です。
勤務時間管理システムメンバー管理
勤務時間管理ログイン画面
【 B:勤務時間管理ソフト 最初の画面(これを管理者オープニング画面と呼びます)】
勤務時間管理は管理者のみの機能ですのでログインIDの入力が必要です。
勤務時間管理ログイン画面
勤務時間管理メニュー
【 B:勤務時間管理ソフト 勤務時間管理メニュー 】
1:管理者オープニング画面の「メニュー」ボタンをクリック
<<ボタンの説明>>
■メンバーインポート・・・すべてのメンバーを勤務時間記録.xlsmから読み込みます。
※先にすべてのメンバーが勤務時間記録.xlsmに登録されている必要があります。
※途中でメンバーが増えた場合は、先に勤務時間記録.xlsmに登録してからこの「メンバーインポート」ボタンをクリックしてください。
■全メンバー削除・・・すべてのメンバーを削除します。 ※新年度にはこのボタンをクリックしてから、「メンバーインポート」ボタンをクリックしてください。
■出勤簿消去・・・4月から3月までの出勤簿の内容を消去します。印鑑も消去します。
勤務時間管理メニュー
勤務時間管理システム-グラフ
【 B:勤務時間管理ソフト 勤務時間管理チェック 】
メンバーが記録しているかどうかを毎日チェックできます。同時に全期間と特定の期間の平均勤務時間を計算しグラフ化しています。
特定の期間につ いては自由に設定できます。瞬時に平均勤務時間を計算しグラフ化しますので、働きすぎをチェックするのに有効です。
勤務時間管理システム-グラフ
超過勤務
【 B:勤務時間管理ソフト 超過勤務表示 】
「超過勤務」のタブをクリックすると、超過勤務のページに移動します。教職員一人一人の超過勤務が月ごとに表示されます。部活動の勤務時間も表示されます。
超過勤務
働き方改革-勤務時間管理システム印刷-
【 B:勤務時間管理ソフト 勤務時間管理印刷画面 】
「チェック」ページの平均勤務時間表とグラフを印刷します。グラフだけ印刷することも可能です。
ペーパーに印刷する通常印刷とPDF出力を選択できます。PDFはデスクトップに任意の名 前で保存されます。他へ報告するときにはこのPDF文書をメールで送信することができます。
働き方改革-勤務時間管理システム印刷-
働き方改革-勤務時間管理システム送信-
【 B:勤務時間管理ソフト メール送信画面 】
「送信」ボタンをクリックして、メールソフトを起動します。PDF文書等を添付して報告するのに便利です。
働き方改革-勤務時間管理システム送信-
出勤簿設定
【 B:出勤簿設定 】
出勤簿を作成するために「開始日」と「元号・年」を入力します。
出勤簿設定
飲無時間管理印鑑
【 B:出勤簿の印鑑等設定 】
「氏名読込」ボタンを押すと、氏名をインポートします。
「入力」ボタンを押すことでも、職名と氏名を入力することができます。
印鑑を読み込むセルをクリック後、「印鑑読込」ボタンを押して、読み込む印鑑を選択します。読み込む印鑑は、あらかじめ任意のフォルダに保存しておきます。ファイルのタイプはjpg、png、gif、bmpなどです。
印鑑を削除、大きさを変えるなどの時は、「印鑑操作」ボタンをクリックしてください。
「消去」ボタンを押すと、このページの内容を消去します。
飲無時間管理印鑑
出勤簿個人データ
【 B:個人記録表 】
年度当初に、本年休、繰越年休の日数を入力します。
勤務開始、終了時間や年休等の変更は、ソフト「勤務時間記録」で行ってください。ここで、修正しても「勤務時間記録」を読みこむ時点で上書きされますので、注意してください。
出勤簿個人データ
出勤簿
【 B:出勤簿 】
「実行」ボタンを押すと、自動で押印し、年休等の計算をします。
「消去」ボタンを押すと、印鑑等を消去します。
「印刷」ボタンを押すと、印刷します。
出勤簿
出勤簿累計
【 B:1月以降累計年休 】
年度当初に、1月から3月までの前年度の年休を入力します。その前に「入力」ボタンを押してください。
「データ消去」ボタンを押すと、1月から3月までの年休を消去します。
出勤簿累計

勤務開始、勤務終了時にクリックするだけです!!

働き方改革には、勤務時間を管理することが大切です。しかし、いちいち記入するのは面倒です。このシステムでは、自分のパソコン上でクリックするだけで現在の時刻を記録できます。その際に、最近の平均勤務時間が設定の時間をオーバーしていると「働きすぎ注意!!」と表示されます。

超過勤務も一目瞭然!! 平均勤務時間を表とグラフで視覚化します!!

全期間の平均勤務時間と最近の平均勤務時間を常に表示します。最近の平均勤務時間の期間は自由に設定できます。平均勤務時間はグラフ化しますので一目瞭然で働きすぎを確認できます。

PDF文書として保存し、ボタン一つでメール送信します!!

平均勤務時間をPDF文書として保存できます。そのPDF文書をボタン一つで他へ報告することもできます。

出勤簿を自動で作成、押印、計算します!!

連動して出勤簿を作成します。出勤日には自動で押印し、年休、出張の場合はそれらを出勤簿に記入します。出張等の計算もし、印刷します。

操作の様子

働き方改革-勤務時間管理システム-

よろしければ、サンプル版をお試しください。
貴校にあわせてカスタマイズをいたします。ご希望の場合はこちらです。
勤務時間管理システムのチラシです。

TOP