クラス編成ソフト「学級編成」

概要・使用法

※データはすべてダミーです
※画像の上にマウスポインタをおくとスライドがストップします
クラス編成メニュー
【メニュー画面】
成績処理「楽々」から総合平均をインポート データ呼出 カード一覧呼出 名表呼出 名表一覧呼出 最終結果呼出 新旧対応表呼出 プリンター設定 バックアップ・保存終了
クラス編成メニュー
クラス編成データ記入
【データ入力】
メニュー画面で、成績処理「楽々」から総合平均をインポートすれば自動で必要なデータが入力されます。インポートしない場合は、「データ記入例」を参考に入力します。氏名を入力すると自動でよみがなが入力されますので、最後に「ヨミガナコピー」ボタンを押します。氏名を他からコピー&ペーストした場合は、よみがなを入力します。データ入力後、「クラス替え」ボタンを押します。
クラス編成データ記入
クラス替え
【クラス替え】
クラス替えが終了し、一覧表が表示されます。旧のクラスごとに色分けされていますので、バランスが一目でわかります。また、各クラスの平均点も表示されます。「交換開始」ボタンを押すと、生徒同士の交換ができます。印刷する場合は「印刷」ボタンを押します。
クラス替え
クラス編成カード一覧
【クラス編成用カード一覧】
本ソフトでクラス替え終了後に、カードを使ってさらにクラス替えを行いたい場合に活用します。項目それぞれに記入後、「個人票印刷」ボタンを押します。
クラス編成カード一覧
クラス編成個人票印刷
【カード印刷プレビュー画面】
上部左端の「印刷」ボタンを押します。そのページの印刷を中止する場合は「印刷プレビューを閉じる」ボタンを押します。ページごとに動作を繰り返します。最後に、カードを切り離してクラス編成作業を行います。作業終了後、メニュー画面で最終結果を呼び出し、元級に学籍番号を入力するか生徒交換を行います。
クラス編成個人票印刷
名表作成
【名表作成】
クラス担任の名前を記入します。男女を通し番号にする場合はチェックを入れます。そうでない場合は、女子の開始番号と男女の間の行数を設定します。クラス選択を行い「OK」ボタンを押すと名表を完成します。印刷する場合は「印刷」ボタンを押します。印刷プレビュー画面が現れますので、上部の「ページ設定」ボタンを押して拡大・縮小を行うと、出席簿等の氏名欄の行幅に合わせることができます。最後に、「名表一覧へ」のボタンを押します。
名表作成
名表一覧
【名表一覧】
「印刷」ボタンを押します。印刷するクラスを選択し、出席簿等の行幅に合わせて拡大率を設定します。最後に「印刷開始」ボタンを押してください。
名表一覧
クラス編成新旧対応表
【新旧対応表】
旧クラスと新クラスの対応表です。先に、名表作成で一覧表を必ず作成しておくことが必要です。
クラス編成新旧対応表

名表を自動で作成・印刷します!!

クラス編成を元に名表を自動で作成・印刷しますので手間が省けます。

個人データを個票(カード)にしてクラス替えをすることもできます!!

PC上でクラス編成を瞬時に行いますが、手作業でクラス編成をしたい場合は、個人データをカードにすることができます。先にPC上でクラス編成を行い、さらに手作業でクラス編成を行いよりよいものにすることができます。もちろん、PC上で生徒を入れ替えることもできます。
よろしければ、サンプル版をお試しください
貴校にあわせてカスタマイズをいたします。ご希望の場合はこちらです

TOP